ベイザー脂肪吸引の特長

低負担で高い効果を実現する新治療
ベイザー脂肪吸引の特長をご紹介します

痩身施術の最高峰を証明する3つの特長

痛み・腫れ・むくみダウンタイムが少ない

ベイザー脂肪吸引は、振動エネルギーのVASER波により、周囲の組織のダメージを抑えながら、脂肪組織のみを乳化させる最新の医療装置です。
これなら、脂肪組織を取り巻く線維や血管、神経を温存しながら、柔らかくなった脂肪を、刃のないカニューレで優しく吸引除去することができます。
このため、従来の方法に比べ、術後の出血や腫れ、痛みが少なく、日常生活程度の動きやデスクワークなら翌日から可能です。

従来法では不可能な90%もの脂肪除去を実現

ベイザー脂肪吸引は、今までの脂肪吸引と違い、組織を断裂させずに脂肪を破砕できますので、皮下の線維組織の構造を保ったまま、脂肪が除去できます。したがって、従来の脂肪吸引では困難だった皮膚直下の浅い部分の脂肪層や、固い脂肪(背中の脂肪)まで、根こそぎ除去できるようになり、皮下脂肪の90%までもの除去が可能になっています。今までのどの方法より痩身効果が高いのです。
また、線維質で硬くなってしまった脂肪組織でさえ、柔らかく乳化することができますので、上腹部や背中、過去の脂肪吸引の修正などにも、ベイザーリポ (VASER Lipo)は圧倒的に有利です。

皮膚のたるみを引き締める

組織を断裂させずに脂肪を破砕できるベイザー脂肪吸引は、皮下の線維組織の構造を保ったまま、脂肪が除去できるため、脂肪が除去された後の皮下組織はきれいに収縮し、皮膚のたるみを引き締める効果があります。たるみが生じず、皮膚を引き締めます。