メカニズム

ベイザー脂肪吸引の特殊な超音波や
低負担な吸引方法について解説します

脂肪の遊離・除去・引き締めのメカニズム

  1. 麻酔液を皮下脂肪層に満たします

    皮下脂肪のあたりを断面で見ると、表面から皮膚(表皮・真皮)、脂肪層、筋肉層の順番に並んでいます。つまんでつまめるのは皮膚と皮下脂肪。まずは麻酔液を皮下脂肪層に満たします。

  2. VASER波で脂肪のみを遊離させます

    従来の脂肪吸引は皮膚と筋肉をつなぐ線維組織を断裂してしまいます。ベイザーリポでは脂肪組織に選択的に作用する振動エネルギーのVASER波で、脂肪のみを遊離させます。そのため、内出血がほとんどありません。

  3. 刃のないカニューレで
    脂肪だけを根こそぎ除去します

    遊離された脂肪は、刃のないカニューレで根こそぎ除去されます。(従来の脂肪吸引の場合、刃の付いたカニューレで削り取りながらの吸引するので、内出血や炎症が生じてしまいます)

  4. 線維組織を保った状態のため
    皮膚を引き締めます

    線維組織がゴムのように収縮するため、皮下脂肪をほとんど除去しても、従来の脂肪吸引のように皮膚にたるみが生じません。

動画解説