施術の流れ

THE CLINIC で行うベイザーリポの術前から
術後までの流れをご紹介します

施術を受けるまで[カウンセリング〜施術前日]

カウンセリング

まずは患者様のご希望を伺います。
ボディデザインの場合、
どの部分を改善したいのかがポイントとなります。
院長は経験に基づき、

  • 実際に施術に向いているのか
  • どのような範囲で行うのが適切か
  • 優先順位は?
  • 改善した後の全身のバランスはどうか
  • 年齢による変化は?

などの点を総合的に考慮しながらアドバイスを行っていきます。また、術後の経過や注意点、考えられるリスクなどについても検討していきます。
遠方の方や時間がなくて何回も通院できない方には、
カウンセリングと施術を同日に受けられるサービスもご用意しています。

施術日決定

必要に応じて、血液検査を行います。
そして、無理のない予算や仕事のスケジュール、それぞれの方の個人的な事情などを考慮したうえで、施術予定日を決定し、院長のスケジュールを押さえます。

施術前日

体調確認のご連絡をいただきます。
前日は緊張するかもしれませんが、施術後を楽しみにゆっくりお休みください。
食事は手術の6時間前までにお済ませください。

施術当日[デザイン確認〜施術後]

デザイン確認

施術当日。最終的な施術の範囲を確認し、マーカーを用いてデザインを行います。
脂肪の付き具合、改善のポイントを立った状態で確認していただきます。経験の多い医師であれば、この段階で最終的な仕上がりがイメージできています。

デザイン確認

体への負担が少ない最新の静脈麻酔法で、リラックスしていただきます。
気持ち良くなりますので、5分もするとウトウトと眠ってしまいます。
手術中は一定量の麻酔を維持しますので、全く痛みを感じることはなく、大変負担の少ない方法です。そのため施術後は、そのまま歩いてお帰りいただけます。

施術

皮膚のシワなどに添って小さな入り口を作り、皮膚を保護するHDスキンポートを取り付けます。
そこからカニューレ(吸引管)を挿入し、脂肪を除去していきます。施術自体は1ヵ所、通常30分程度です。
この間、痛みは全く感じません。

施術後

施術後、すぐにどれくらい脂肪が取れたかを確認していただくことができます。その後、適切なテーピングを行い、サポーターを着用して施術は終了です。(サポーターは無料で貸し出しを行っていますが、気になる方はご購入も可能です)お薬や術後経過などの説明を受け、そのまま歩いてお帰りいただけます。

術後1週間[3日間のテーピングとアフタートリートメントの開始]

テーピングは3日間

部位にもよりますが、テーピングは施術日を含め3日間です(頬は1日でOKです)。
適切にテーピングを行っていると、腫れが少ないので、痛みも少なく、内出血もほとんどありません。この間、日常生活程度の動きやデスクワークは行っても構いません。
サポーターは、テーピング除去後も抜糸までの1週間は着用します。その後は、むくみの程度によっては着用を続けますが(2週間〜1ヵ月)、長期間の着用は逆に血流やリンパの流れを妨げるので注意が必要です。

抜糸とアフタートリートメント

1週間後に抜糸を行い、高周波(RF)治療器を使用したアフタートリートメントを受けていただきます。
アフタートリートメントは、術後のむくみを改善し、早く美しい回復を助けてくれます。休んでいた運動も徐々に始めてください。

術後2週間[むくみの取れ始めには十分なケアを]

むくみが取れ始める

テープかぶれなどがなければ、術後、2週間でお肌の色はきれいに戻っています。
また、2週間目はむくみやすさがピークを迎え、その後徐々にむくみが取れ始めます。
この時期から最初の1ヵ月ほどは、何かのはずみでピリッと違和感を感じたり、まだ十分に細さを実感できないので不安を感じる時期でもあります。
そのような症状があっても、運動などは積極的に行っていただいた方が早く回復する傾向にあります。

可能な限りアフターケアなどのケアを

この時期から約3ヵ月の間に、むくみやすさが取れ、徐々に完成へと近づいていきます。リンパの流れが改善すれば、最終的なボディラインも細く仕上がります。
クリニックでサーマルシェイプやテカールセラピーなどのトリートメントをお受けいただくのがベストですが、通常のボディマッサージなども方法によっては有効です。

術後3ヶ月[美しいボディラインの完成]

完成

個人差もありますが、通常、術後3・4ヵ月でむくみやすさや違和感などが消え、新しいボディラインが完成します。施術を受けたことも、いつの間にか意識しなくなっていることでしょう。